緑の光線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
緑の光線
Le Rayon Vert
監督 エリック・ロメール
脚本 エリック・ロメール
製作 マルガレート・メネゴス
出演者 マリー・リヴィエール
リサ・エレディア
音楽 ジャン=ルイ・ヴァレロ
撮影 ソフィー・マンティニュー
編集 マリア・ルイサ・ガルシア
配給 日本の旗 シネセゾン
公開 イタリアの旗 1986年8月31日VIFF
フランスの旗 1986年9月3日
日本の旗 1987年4月25日
上映時間 98分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

緑の光線』(みどりのこうせん、Le Rayon Vert)は、エリック・ロメール監督による1986年フランス映画1986年ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞作品。

同監督の「喜劇と格言劇」シリーズ第5作。引用された詩は"Ah,que le temps vienne...Où les cœurs s'éprennent " (ランボー

スタッフ[編集]

  • 製作:マルガレート・メネゴス Margaret Menegoz
  • 監督:エリック・ロメール Éric Rohmer
  • 脚本:エリック・ロメール Éric Rohmer
  • 撮影:ソフィー・マンティニュー Sophie Maintigneux
  • 音楽:ジャン=ルイ・ヴァレロ Jean-Louis Valero
  • 編集:マリア・ルイサ・ガルシア Maria Luisa Garcia

キャスト[編集]

ストーリー[編集]

オフィスで秘書をしているデルフィーヌは20歳も前半、独りぼっちのヴァカンスを何とか実りあるものにしようとする。恋に恋する彼女の理想は高く、昔からの男友達も、新たに現われた男性もなんとなく拒んでしまう。ヴァカンスを前に胸をときめかせていた。7月に入って間もない頃、ギリシア行きのヴァカンスを約束していた女ともだちから、急にキャンセルの電話が入る。途方に暮れるデルフィーヌ。周囲の人がそんな彼女を優しく慰める。女ともだちのひとりが彼女をシェルブールに誘ってくれた。が、シェルブールでは独り、海ばかり見つめているデルフィーヌ。8月に入り山にでかけた彼女は、その後、再び海へ行った。そこで、彼女は、老婦人が話しているのを聞いた。ジュール・ヴェルヌの『緑の光線』の話で、太陽が沈む瞬間に放つ緑の光線は幸運の印だという。「太陽は赤・黄・青の光を発しているが、青い光が一番波長が長い。だから、太陽が水平線に沈んだ瞬間、青い光線が最後まで残って、それがまわりの黄色と混ざって私たちの目に届く」という。もちろん、それを見た者は幸福を得られる[1]。何もなく、パリに戻ることにした彼女、駅の待合室で、本を読むひとりの青年と知り合いになる。初めて他人と意気投合し、思いがけず、自分から青年を散歩に誘う。海辺を歩く二人の前で、太陽が沈む瞬間、緑の光線が放たれたのだった。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 同じ話は日本映画大林宣彦監督の『天国にいちばん近い島』(1984年)にも出てくる。緑の光線は「グリーンフラッシュ」(green flash)という。