緑の光線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
緑の光線
Le Rayon Vert
監督 エリック・ロメール
脚本 エリック・ロメール
製作 マルガレート・メネゴス
出演者 マリー・リヴィエール
リサ・エレディア
音楽 ジャン=ルイ・ヴァレロ
撮影 ソフィー・マンティニュー
編集 マリア・ルイサ・ガルシア
配給 日本の旗 シネセゾン
公開 イタリアの旗 1986年8月31日VIFF
フランスの旗 1986年9月3日
日本の旗 1987年4月25日
上映時間 98分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

緑の光線』(みどりのこうせん、Le Rayon Vert)は、エリック・ロメール監督による1986年フランス映画1986年ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞作品。

同監督の「喜劇と格言劇」シリーズ第5作。引用された詩は"Ah,que le temps vienne...Où les cœurs s'éprennent " (ランボー

スタッフ[編集]

  • 製作:マルガレート・メネゴス Margaret Menegoz
  • 監督:エリック・ロメール Éric Rohmer
  • 脚本:エリック・ロメール Éric Rohmer
  • 撮影:ソフィー・マンティニュー Sophie Maintigneux
  • 音楽:ジャン=ルイ・ヴァレロ Jean-Louis Valero
  • 編集:マリア・ルイサ・ガルシア Maria Luisa Garcia

キャスト[編集]

ストーリー[編集]

外部リンク[編集]