組織球性壊死性リンパ節炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
組織球性壊死性リンパ節炎
分類及び外部参照情報
菊池病のリンパ節顕微鏡像。多くの組織球と、好中球を伴わない壊死がみられる。 HE染色
eMedicine med/3663
MeSH D020042
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

組織球性壊死性リンパ節炎(そしききゅうせい・えしせい・リンパせつえん、亜急性壊死性リンパ節炎、菊池病)とはリンパ節の腫脹・疼痛を伴う良性疾患。

原因[編集]

この疾患は、菊池病, Kikuchi’s disease, Histiocytic necrotizing lymphadenitis,Kikuchi-Fujimoto disease,Subacute necrotizing lymphadenitis とも呼ばれる良性のリンパ節炎である。[1][2]

報告者の福岡大学病理学の故 菊池昌弘教授に由来する。

原因は未だ不明であるが,なんらかの感染が契機となり発症するといわれている。エプスタイン・バー・ウイルス(EBV), human herpes virus 6 (HHV-6),human herpes virus 8 (HHV-8),ヒト免疫不全ウイルス (HIV),parvovirus B19,Yersinia enterocolitica, toxoplasma などが関連するとする報告がある。菊池病で特異的な病原体が検出されるわけではなく,原因となりうる微生物は多岐に及ぶと考えられている。

疫学[編集]

40歳未満に多く発症し、やや女性に多くみられる。[3]

症状[編集]

発熱、自発痛または圧痛を伴うリンパ節腫脹、白血球数減少を主要徴候とする。リンパ節腫脹は後頸部に多いが、まれに両側性頸部や他の部位もみられる。発熱(35%), 倦怠感(7%), 関節痛(7%), 皮疹(10%)などもみられる。[4]

検査[編集]

  • 血液検査では、白血球数減少(20-32%), 貧血 (23%), 赤沈亢進 (70%), 異型リンパ球 (25%)がみられる。血小板数減少、肝機能障害LDHCRPの上昇がみられることもある。
  • リンパ節生検がおこなわれることもある。

鑑別診断[編集]

伝染性単核球症全身性エリテマトーデス結核性リンパ節炎、悪性リンパ腫が鑑別診断にあげられる。

菊池病の約3%は全身性エリテマトーデスに移行することがある。[5]

治療[編集]

無治療で自然軽快することが多く、発熱や疼痛に対する対症療法のみのことが多い。まれに副腎皮質ステロイドが必要となることもある。 .

脚注[編集]

  1. ^ 菊池昌弘:特異な組織像を呈するリンパ節炎について.日内学誌1972;35:379―80.
  2. ^ 藤本吉秀 ほか: 頸部の亜急性壊死性リンパ節炎―新しい病態の提唱.内科 1972;30:920-7.
  3. ^ J Richards MJ: Kikuchi's disease. UpToDate ver.18.2
  4. ^ 宮田靖志ほか. プライマリ・ケアの現場で役立つ一発診断100: p.45.
  5. ^ 鋪野 紀好ほか, 日本医事新報 4660: 1-2, 2013.