第145任務部隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第145任務部隊(だいいちよんごにんむぶたい、Task Force 145)は、イラクのテロリスト掃討のために臨時編成された部隊。アメリカ・イギリスの特殊部隊で構成されている。統合特殊作戦コマンド(JSOC)の指揮下にある。

沿革[編集]

部隊名は、これまで何度も変更されてきた。

2006年(平成18年)6月7日から6月8日にかけてバグダード北方のバアクーバ近郊にある「イラクの聖戦アルカーイダ組織」のアブー=ムスアブ・アッ=ザルカーウィーの潜伏先にアメリカ空軍F-16が500ポンド爆弾による爆撃をした直後に、現場に突入した。

アメリカの報道では「ドリームチーム」と呼ばれ、実際にその名に恥じぬ世界でも実績のある特殊部隊によって編成されている。

任務[編集]

アブー=ムスアブ・アッ=ザルカーウィー殺害作戦支援の他、オサマ・ビンラディン容疑者率いるアルカーイダのメンバー殺害や拘束を主な任務とする。

構成部隊[編集]

基本的には、デルタフォースもしくはDEVGRUにこれを支援する米陸軍レンジャー連隊SASにこれを支援するイギリス特殊部隊支援グループという組み合わせで運用されるが、必要に応じてイラクに派遣されている部隊を組み込む。(場合によってはイラクに派遣されている全特殊部隊を指揮下に置くことも想定されている)

この他に、アメリカ陸軍第82空挺師団の数個大隊を指揮下に組み込む予定である。