硫酸ジエチル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
硫酸ジエチル
Diethyl sulfate
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 64-67-5 チェック
PubChem 6163
ChemSpider 5931 チェック
KEGG C14706
ChEMBL CHEMBL163100 チェック
RTECS番号 WS7875000
特性
化学式 C4H10O4S
モル質量 154.18 g mol−1
外観 無色の油状液体
匂い ペパーミント[1]
密度 1.2 g/mL
融点

-25 °C, 248 K, -13 °F

沸点

209 °C, 482 K, 408 °F (分解)

への溶解度 0.7g/100mL[1]
その他の溶剤への溶解度 エタノールジエチルエーテルに混和[1]
危険性
EU分類 Toxic (T)
Carc. Cat. 2
Muta. Cat. 2
Rフレーズ R45 R46 R20/21/22 R34
Sフレーズ S53 S45
引火点 104 °C (219 °F)
発火点 436 °C (817 °F)[3]
半数致死量 LD50 647 mg/kg(マウス経口)[2]
関連する物質
関連物質 硫酸ジメチル
亜硫酸ジエチル
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

硫酸ジエチル(りゅうさんジエチル、: Diethyl sulfate)は硫酸エステルの一種で、高い性と発癌性を持つ[4]有機化合物ペパーミント臭のある無色の液体で、化学式はC4H10O4S。アルキル化剤として、フェノール類やアミンチオール等にエチル基を導入する際に用いられる。

安全性[編集]

強力なエチル化作用を持ち、DNAをエチル化する。動物実験では発癌性が確認され、ヒトに対しても発癌性があると考えられている。国際がん研究機関ではIARC Group2Aと評価している[2]。日本の消防法では危険物第4類・第3石油類に該当する。毒物及び劇物取締法には該当しないが、船舶安全法航空法では毒物としての扱いを受ける[1]。ウサギを用いた動物実験では、および皮膚に対し、壊死を含む重篤な腐食性が確認された[2]。水生生物には有害であるが、急速分解性があり生物蓄積性は低い[1]

用途[編集]

有機合成化学において強力なエチル化剤として、医薬品染料農薬界面活性剤(第4級アンモニウム塩)の原料・中間体として使用される[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]