盗葉緑体現象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サボテングサ属から葉緑体を取り込むウチワミドリガイ

盗葉緑体現象(Kleptoplasty)は、軟体動物嚢舌目繊毛虫有孔虫渦鞭毛藻で見られる、餌の特殊な利用法である。餌藻類の葉緑体を細胞内に取り込み一次的に保持する現象を言う[1] 。取り込まれた葉緑体が光合成能力を保持しており、取り込んだ個体がその光合成から栄養を得ている場合は機能的盗葉緑体現象と呼ばれる。クロララクニオン藻などでの葉緑体の二次的獲得と異なり、葉緑体をもともと持っていた個体のは細胞内に取り込まれない。この用語は1990年から用いられている[2][3]

渦鞭毛藻[編集]

取り込んだ葉緑体の安定性は種によって異なる。ギムノディニウムGymnodiniumフィエステリアPfiesteriaでは数日しか保持されないが、ディノフィシスDinophysisでは2か月の間安定である[1]

従属栄養性の渦鞭毛藻が盗葉緑体を行うことで、恒久的な葉緑体の獲得に繋がったとも考えられる[4]

繊毛虫[編集]

ミリオネクタ・ルブラMyrionecta rubraクリプト藻ゲミニゲラ・クリオフィラGeminigera cryophilaから盗葉緑体を行う[5]

有孔虫[編集]

ブリミナBuliminaエルフィディウムElphidiumHaynesinaNonionNonionellaNonionellinaReophaxStainforthiaなどが珪藻から盗葉緑体を行う[6]

嚢舌類[編集]

ゴクラクミドリガイ属Elysia clarki消化管細胞に詰め込まれた葉緑体の電子顕微鏡写真。スケールバーは3µm。
C = 葉緑体,
N = 細胞核.

嚢舌類は盗葉緑体を行う唯一の動物である[7]。保持期間はElysia chloroticaが最長で、フシナシミドロVaucheria litoreaの葉緑体を10か月間保持した記録がある[2][8]

これらのウミウシは藻類の細胞内容物を吸い出し、葉緑体以外は消化する。分岐して長く伸びた消化管憩室の中で、葉緑体は食作用によって消化管細胞に取り込まれる。そして光合成によるエネルギーの生産を行う[9]

参照[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Minnhagen S, Carvalho WF, Salomon PS, Janson S (September 2008). “Chloroplast DNA content in Dinophysis (Dinophyceae) from different cell cycle stages is consistent with kleptoplasty”. Environ. Microbiol. 10 (9): 2411–7. doi:10.1111/j.1462-2920.2008.01666.x. PMID 18518896. http://www.blackwell-synergy.com/openurl?genre=article&sid=nlm:pubmed&issn=1462-2912&date=2008&volume=10&issue=9&spage=2411 2008年11月24日閲覧。. 
  2. ^ a b S. K. Pierce, S. E. Massey, J. J. Hanten, and N. E. Curtis (June 1 2003). “Horizontal Transfer of Functional Nuclear Genes Between Multicellular Organisms”. Biol. Bull. 204 (3): 237–240. doi:10.2307/1543594. JSTOR 1543594. PMID 12807700. http://www.biolbull.org/cgi/content/abstract/201/1/34 2008年11月24日閲覧。. 
  3. ^ Clark, K. B., K. R. Jensen, and H. M. Strits (1990). “Survey of functional kleptoplasty among West Atlantic Ascoglossa (=Sacoglossa) (Mollusca: Opistobranchia).”. The Veliger 33: 339–345. ISSN 0042-3211. 
  4. ^ Gast RJ, Moran DM, Dennett MR, Caron DA (January 2007). “Kleptoplasty in an Antarctic dinoflagellate: caught in evolutionary transition?”. Environ. Microbiol. 9 (1): 39–45. doi:10.1111/j.1462-2920.2006.01109.x. PMID 17227410. http://www.blackwell-synergy.com/openurl?genre=article&sid=nlm:pubmed&issn=1462-2912&date=2007&volume=9&issue=1&spage=39 2008年11月24日閲覧。. 
  5. ^ Matthew D. Johnson, David Oldach, Charles F. Delwiche Diane K. Stoecker "Retention of transcriptionally active cryptophyte nuclei by the ciliate Myrionecta rubra". Nature 445 25 January 2007 {{doi:10.1038/nature05496}}.
  6. ^ Joan M. Bernhard, Samuel S. Bowser. Benthic foraminifera of dysoxic sediments: chloroplast sequestration and functional morphology. Earth-Science Reviews, 1999 46:149–165.
  7. ^ Händeler K., Grzymbowski Y. P., Krug P. J. & Wägele H. (2009) "Functional chloroplasts in metazoan cells - a unique evolutionary strategy in animal life". Frontiers in Zoology 6: 28. doi:10.1186/1742-9994-6-28.
  8. ^ Catherine Brahic (2008年11月24日). “Solar-powered sea slug harnesses stolen plant genes”. New Scientist. 2008年11月24日閲覧。
  9. ^ SymBio: Introduction-Kleptoplasty”. University of Maine. 2008年12月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年11月24日閲覧。

外部リンク[編集]