白体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒトの白体

白体(: corpus albicans, )とは黄体が退行した構造物。黄体がマクロファージ線維芽細胞により破壊され、I型コラーゲンへと変性して白体が形成される。この過程を黄体退行(en:Luteolysis)と呼ぶ。白体は瘢痕組織として卵巣に残ることがある。ウシの白体は妊娠黄体が退行したものを指し、生涯にわたり存在するものがほとんどである。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Hiatt, James L.; Gartner, Leslie P. (2001). Color textbook of histology. Philadelphia: W.B. Saunders. ISBN 0-7216-8806-3. 
  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『新獣医学辞典』 チクサン出版社 2008年 ISBN 978-4885006548