異種指向性マウス白血病ウイルス関連ウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
異種指向性マウス白血病ウイルス関連ウイルス
Microscopic image of XMRV
Microscopic image of XMRV
分類(ウイルス)
: 第6群(1本鎖RNA逆転写)
: レトロウイルス科 Retroviridae
亜科 : オルソレトロウイルス亜科 Orthoretrovirinae
: ガンマレトロウイルス属 Gammaretrovirus
: 異種指向性マウス白血病ウイルス関連ウイルス Xenotropic MuLV-related virus
和名
異種指向性マウス白血病ウイルス関連ウイルス

異種指向性マウス白血病ウイルス関連ウイルス(いしゅしこうせいマウスはっけつびょうウイルスかんれんウイルス、Xenotropic murine leukemia virus-related virusXMRV)とは、2006年に最初に記述された、ガンマレトロウイルスである。

初めての報告は、前立腺癌との関連であり、後に慢性疲労症候群 (CFS) との関連性が報告された。しかし、後に行った研究の多くでは、関連性がみられなかった。

XMRVが人に感染するか、病気に関係していることは立証されていない。多くの学者らは、検出されたのは、サンプルあるいは試薬の汚染が原因によって検出されたと考えている[1]

分類・ゲノム[編集]

XMRVは、レトロウイルス及びガンマレトロウイルスに属する。

疾病との関連性[編集]

前立腺がん[編集]

慢性疲労症候群 (CFS)[編集]

2009年度、慢性疲労症候群患者101人のうち3分の2にXMRVのDNAが検出された。健常者においては、わずか4%であった[2]。しかし、その後、他の世界中の20以上の研究機関で、XMRVが検出されなかった[3][4][5][6][7][8][9][10][11][12]。 2011年12月、2009年度にXMRVと慢性疲労症候群の関連性を示唆する論文を発表したサイエンス誌は、サンプルあるいはキットのコンタミによる研究所のミスであったと、初期の論文を完全に撤回した。

輸血問題[編集]

人間へ、または人間間でXMRVが伝染する証拠はない。推測される伝染経路は、性的[13][14][15]、空中感染[16]であるが、人間間の伝染は調査されていない[17]。オランダの研究では、HIV陽性の人にXMRVは発見されなかった[18]

WPIのジュディ・ミコヴィッツ医師は、”XMRVはアメリカの輸血機構に明らかに潜入しているが、エイズのウイルスに行う熱処理でウイルスを死滅できるかは疑わしい。”と言明した。 サイエンス誌のXMRVと慢性疲労症候群の関連性についての論文により、カナダ・ニュージーランド、オーストラリア赤十字・アメリカ赤十字は、医師に慢性疲労症候群と診断を受けている者は献血を控えるように言明した。イギリスにおいては、2010年11月1日から、患者は献血が禁止された。その後行われた調査では同ウイルスが発見されないことが続いたものの、慢性疲労症候群の患者会 筋痛性脳脊椎炎の会(旧慢性疲労症候群をともにかんがえる会)は、日本が輸血を禁止していないことを批判し[19]政府に慢性疲労症候群の原因がXMRVで器質的疾患だと認めること・ウイルスを原因として研究すること等を訴えた。 しかし、アメリカ赤十字は2011年、血液によってXMRVは伝染しないと発表した[20]

脚注[編集]

  1. ^ Paprotka, T.; et al. (May 2011). “Recombinant Origin of the Retrovirus XMRV”. Science 333 (6038): 97-101. doi:10.1126/science.1205292. http://www.sciencemag.org/content/early/2011/05/31/science.1205292 2011年12月4日閲覧。. 
  2. ^ Lombardi VC, Ruscetti FW, Das Gupta J, et al. (October 2009). “Detection of an infectious retrovirus, XMRV, in blood cells of patients with chronic fatigue syndrome”. Science 326 (5952): 585–9. Bibcode 2009Sci...326..585L. doi:10.1126/science.1179052. PMID 19815723. 
  3. ^ Erlwein O, Kaye S, McClure MO, et al. (2010). Nixon, Douglas F.. ed. “Failure to detect the novel retrovirus XMRV in chronic fatigue syndrome”. PLoS ONE 5 (1): e8519. doi:10.1371/journal.pone.0008519. PMC 2795199. PMID 20066031. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2795199. 
  4. ^ Groom, Harriet C T; Boucherit, Virginie C; Makinson, Kerry; Randal, Edward; Baptista, Sarah; Hagan, Suzanne; Gow, John W; Mattes, Frank M et al. (2010). “Absence of xenotropic murine leukaemia virus-related virus in UK patients with chronic fatigue syndrome”. Retrovirology 7: 10. doi:10.1186/1742-4690-7-10. PMC 2839973. PMID 20156349. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2839973. 
  5. ^ van Kuppeveld FJ, Jong AS, Lanke KH, et al. (2010). “Prevalence of xenotropic murine leukaemia virus-related virus in patients with chronic fatigue syndrome in the Netherlands: retrospective analysis of samples from an established cohort”. BMJ 340: c1018. doi:10.1136/bmj.c1018. PMC 2829122. PMID 20185493. http://www.bmj.com/cgi/content/full/340/feb25_1/c1018. 
  6. ^ Switzer, William M; Jia, Hongwei; Hohn, Oliver; Zheng, Haoqiang; Tang, Shaohua; Shankar, Anupama; Bannert, Norbert; Simmons, Graham et al. (2010). “Absence of evidence of Xenotropic Murine Leukemia Virus-related virus infection in persons with Chronic Fatigue Syndrome and healthy controls in the United States”. Retrovirology 7: 57. doi:10.1186/1742-4690-7-57. PMC 2908559. PMID 20594299. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2908559. 
  7. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「pmid20936980」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  8. ^ Hong, P; Li, J; Li, Y (2010). “Failure to detect Xenotropic murine leukaemia virus-related virus in Chinese patients with chronic fatigue syndrome”. Virology journal 7: 224. doi:10.1186/1743-422X-7-224. PMC 2945957. PMID 20836869. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2945957. 
  9. ^ Hohn, Oliver; Strohschein, Kristin; Brandt, Alexander U.; Seeher, Sandra; Klein, Sandra; Kurth, Reinhard; Paul, Friedemann; Meisel, Christian et al. (2010). Digard, Paul. ed. “No Evidence for XMRV in German CFS and MS Patients with Fatigue Despite the Ability of the Virus to Infect Human Blood Cells In Vitro”. PLoS ONE 5 (12): e15632. Bibcode 2010PLoSO...515632H. doi:10.1371/journal.pone.0015632. PMC 3008728. PMID 21203514. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3008728. 
  10. ^ Satterfield, B. C.; Garcia, R. A.; Jia, H.; Tang, S.; Zheng, H.; Switzer, W. M. (2011). “Serologic and PCR testing of persons with chronic fatigue syndrome in the United States shows no association with xenotropic or polytropic murine leukemia virus-related viruses”. Retrovirology 8: 12. doi:10.1186/1742-4690-8-12. PMC 3050813. PMID 21342521. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3050813. 
  11. ^ Erlwein, O; Robinson, MJ; Kaye, S; Wills, G; Izui, S; Wessely, S; Weber, J; Cleare, A et al. (2011). Hasenkrug, Kim. ed. “Investigation into the Presence of and Serological Response to XMRV in CFS Patients”. PloS one 6 (3): e17592. doi:10.1371/journal.pone.0017592. PMC 3052320. PMID 21408077. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3052320. 
  12. ^ Furuta, RA; Miyazawa, T; Sugiyama, T; Kuratsune, H; Ikeda, Y; Sato, E; Misawa, N; Nakatomi, Y et al. (2011). No association of xenotropic murine leukemia virus-related virus with prostate cancer or chronic fatigue syndrome in Japan. 8. pp. 20. doi:10.1186/1742-4690-8-20. PMC 3065418. PMID 21414229. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3065418. 
  13. ^ Hong S, Klein EA, Das Gupta J, et al. (July 2009). “Fibrils of prostatic acid phosphatase fragments boost infections with XMRV (xenotropic murine leukemia virus-related virus), a human retrovirus associated with prostate cancer”. Journal of Virology 83 (14): 6995–7003. doi:10.1128/JVI.00268-09. PMC 2704761. PMID 19403677. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2704761. 
  14. ^ Brower V (May 2009). “Is a retrovirus implicated in familial prostate cancer?”. Journal of the National Cancer Institute 101 (10): 700–1. doi:10.1093/jnci/djp137. PMID 19436028. 
  15. ^ Eastman, Peggy (January 2009). “Prostate Cancer: New Data Help Refine Risk Stratification”. Oncology Times 31 (2): 32–3. doi:10.1097/01.COT.0000345494.12042.f8. http://journals.lww.com/oncology-times/Fulltext/2009/01250/Prostate_Cancer__New_Data_Help_Refine_Risk.12.aspx. 
  16. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「PMID_20507757」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  17. ^ 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「pmid20124560」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  18. ^ Cornelissen, M; Zorgdrager, F; Blom, P; Jurriaans, S; Repping, S; Van Leeuwen, E; Bakker, M; Berkhout, B et al. (2010). Nixon, Douglas F.. ed. “Lack of detection of XMRV in seminal plasma from HIV-1 infected men in The Netherlands”. PloS one 5 (8): e12040. Bibcode 2010PLoSO...512040C. doi:10.1371/journal.pone.0012040. PMC 2919391. PMID 20706581. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2919391. 
  19. ^ 慢性疲労症候群(ME/CFS)〜アメリカの現在、日本の未来〜
  20. ^ Scientists Say XMRV Poses No Risk To Blood Supply

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]