男山 (兵庫県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
男山
男山
姫路城から眺めた男山
標高 57.5 m
所在地 日本の旗 日本
兵庫県姫路市
位置 北緯34度50分31.2秒
東経134度41分23.4秒
座標: 北緯34度50分31.2秒 東経134度41分23.4秒
男山の位置
テンプレートを表示

男山(おとこやま)は兵庫県姫路市にある標高57.5mの山。登山道は、北側から・南側の水尾神社の横から・南側の男山八幡宮千姫天満宮への参道からの3箇所があり、200段あまりの階段で整備されている。姫路城の北西に位置しており、姫路城や姫路市街が展望できる。その眺めから姫路城十景船場八景に選ばれている。

植生[編集]

クスノキコナラクヌギアベマキナンキンハゼアラカシ

伝承[編集]

播磨国風土記[1]
姫路が海だった昔の話。大汝命の子である火明命は乱暴者で、これを憂いた大汝命は火明命を置き去りにすることを考える。因達神山(八丈岩山)まで来たところで、火明命に水を汲みに行かせ、その間に船を出して大汝命は逃げてしまった。置き去りにされたと知った火明命は怒り狂って波風を立たせ、大汝命の船を転覆させてしまった。この時に船から落ちた積荷などにちなんで周辺の14の丘に名前が付けられた[2]。男山には積み荷の箱が流れ着いたので「筥丘(箱丘・はこおか)」と名付けられた。
飾磨の褐染め
昔々、現在の自衛隊姫路駐屯地にあった長者屋敷から逃げた男女がおり、男が逃げた山は男山、女が逃げた山は姫山(現在、姫路城がある山)と名付けられた。

神社・配水池[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 播磨国風土記と国分寺(PDF)
  2. ^
    • 因達神山 - 火明命が置き去りにされた山。八丈岩山
    • 船丘 - 船が沈んだ所。景福寺山
    • 波丘 - 火明命が波を起こした丘。名古山
    • 日女道丘 - 蚕子が落ちた丘。姫路城がある姫山。
    • 琴神丘 - が落ちた丘。薬師山
    • 箱丘 - 箱が落ちた丘。男山。
    • 匣丘 - 梳匣が落ちた丘。船越山または鬢櫛山
    • 箕形丘 - が落ちた丘。秩父山
    • 甕丘 - 神子岡山が落ちた丘。
    • 稲牟礼丘 - が落ちた丘。稲岡山
    • 冑丘 - が落ちた丘。冑山
    • 藤丘 - が落ちた丘。姫路城南部の二階町周辺。
    • 沈石丘 - 沈石が落ちた丘。不明。
    • 犬丘 - 犬が落ちた丘。不明。
    • 鹿丘 - 鹿が落ちた丘。不明。
  3. ^ 兵庫県立歴史博物館「学芸員コラムれきはく講座」
  4. ^ 姫路市水道資料館「姫路市水道事業のあゆみ」
  5. ^ 経済産業省PDF資料

参考文献[編集]

  • 現地説明板

関連項目[編集]