王元姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

王 元姫(おう げんき、拼音:Wáng Yuánjī、217年 - 268年)は、中国三国時代から西晋にかけての人物。元姫は諱。祖父は王朗。父は王粛司馬昭の妻。母は蘭陵景侯夫人の羊氏とされるが、出身の記録はなく晋の名将羊祜ら泰山の羊氏一族とは無関係。子は司馬炎の武帝)・司馬定国・司馬攸・司馬兆・司馬広徳・京兆長公主ら。は明。文明皇后と呼ばれる。

生涯[編集]

8歳の頃から詩論を暗誦し、徳行に優れ親孝行な子であった。9歳の時(225年)、母が病に倒れると着替えの暇も惜しんで看病に当たった。祖父は、その孝行振りから男として産まれなかったことを惜しんだ。12歳の時(228年)、祖父の葬儀で自然な哀悼の振る舞いをみせたため、父から益々敬異された。笄を挿す年齢になると司馬昭に嫁いだ。舅姑には婦道を尽くして仕え、目下の者には謙って接した。

ある時、司馬昭の元に鍾会が仕官してきた。元姫は「鍾会は己の利を見て義を忘れ、何かと事を起こすのを好みます。重用すれば必ず国が乱れるでしょう」と、いつも司馬昭に告げていた。その後ついに、鍾会は益州で反乱を起こした。

265年に夫が死去した。後を継いだ子がから禅譲を受け即位すると、皇太后となり崇化宮と称された。この時に初めて官卿が置かれた。尊位であっても日頃の仕事を忘れず、贅沢をしなかった。言動は必ず道理に沿い、礼儀に外れず、浸潤は行わなかった。268年に死去し崇陽陵に合葬された。