片対数グラフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
片対数グラフの例
y=10^{x}(赤線)が直線になっていること、対数目盛であるy軸の数値の取り方に注意

片対数グラフ(かたたいすうぐらふ、semilog graph)[1][2][3] [4]とは、グラフの一方の軸が対数目盛(縦を対数目盛とすることが多い)になっているグラフである。極端に範囲の広いデータを扱える。通常の目盛の軸を範囲の狭いデータに、対数目盛の軸は極端に範囲の広いデータ用にする。

指数関数[編集]

指数関数 y=a^{bx+c}a は正の定数、b, c は定数)の両辺の常用対数を取ると \log y=bx\log a\ +c\log aとなる。そこで横軸を通常の目盛りに、縦軸を対数目盛にすると、グラフが直線(傾き b\log a, y-切片 c\log a一次関数)になる。

利用例[編集]

両対数グラフ同様、乗数の値を決定するのに有効である。化学ではアレニウスプロットによって活性化エネルギーが求められる。

参考文献[編集]

  1. ^ David Carr Baird・加藤幸弘・千川道幸・近藤康『実験法入門』ピアソンエデュケーション(2004年12月)
  2. ^ 東京理科大学 理学部第二部 物理学科編『物理学実験 入門編』内田老鶴圃(2008年4月)
  3. ^ 東北大学 自然科学総合実験[1]
  4. ^ 電気通信大学 基礎科学実験A [2][3]

関連項目[編集]