烏蘇米施可汗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

烏蘇米施可汗呉音:うそまいせかがん、漢音:おそべいしかかん、拼音:Wūsūmǐshīkĕhàn、? - 744年)は、東突厥第二可汗国期の可汗。判闕特勒の子。姓は阿史那氏、名は不明。可汗号である烏蘇米施可汗の原音はオズミシュ・カガンという。

生涯[編集]

左殺(左シャド)[1]である判闕特勒(はんキョル・テギン)[2]の子として生まれる。

天宝742年 - 756年)の初め、骨咄葉護可汗(クテュル・ヤブグ・カガン)が回紇(ウイグル),葛邏禄(カルルク),拔悉蜜(バシュミル)の3部族によって殺され、拔悉蜜部の酋長である阿史那施(アシナ・シュ)が立って頡跌伊施可汗(イルテリシュカガン)となり、回紇,葛邏禄の酋長もそれぞれ左右の葉護(ヤブグ)[3]と称した。これに対して突厥の国人たちは判闕特勒の子を奉じて烏蘇米施可汗(オズミシュカガン)とし、その子の葛臘哆を西殺(右シャド、西シャド)とした。

玄宗が烏蘇米施可汗のもとに使者を送って内附するよう説得したが、烏蘇米施可汗は聞き入れなかった。また、東突厥国内でも烏蘇米施可汗に附こうとする者はおらず、烏蘇米施可汗が拔悉蜜,回紇,葛邏禄の3部の攻撃を受けて遁走した時も、その西葉護(西ヤブグ)である阿布思および、息子で西殺の葛臘哆は5千帳を率いて唐へ降り、葛臘哆は玄宗によって懐恩王に封ぜられた。

天宝3載(744年)8月、ついに拔悉蜜部の葉護(ヤブグ)らは烏蘇米施可汗を殺し、その首を京師に伝えて太廟に献上した。一方、東突厥本国では烏蘇米施可汗の弟である白眉特勒(白眉テギン)鶻隴匐が立って白眉可汗となった。

[編集]

  • 葛臘哆

脚注[編集]

  1. ^ Šad(シャド、設、殺)とは、突厥可汗国において各地方に置かれた総督。この頃になると東西2人のシャドがいたらしく、東のシャドを左シャド、西のシャドを右シャドといった。
  2. ^ Tägin(テギン、特勤、特勒)とは、突厥可汗国において皇太子王子に与えられる称号。可汗の兄弟などにも見受けられる。
  3. ^ Yabγu(ヤブグ、葉護)とは、突厥可汗国における大臣級の官名。

参考資料[編集]