阿史那泥孰匐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

阿史那 泥孰匐呉音:あしな ないじゅくぶく、漢音:あしだ でいしゅくふく、拼音:Āshǐnà Níshúfú、? - 680年)は、羈縻(きび)政策下の東突厥可汗。『旧唐書』本紀第五では泥熟匐と表記。

生涯[編集]

調露元年(679年)10月、単于大都護府の突厥首領である阿史徳温傅奉職の2部落が反乱を起こし、阿史那泥孰匐を立てて可汗とし、単于大都護府の24州はこれに応じて叛いた。高宗鴻臚卿・単于大都護長史の蕭嗣業、左領軍衛将軍の花大智(苑大智)、右千牛衛将軍の李景嘉にこれを討たせたが、逆に阿史徳温傅に敗北し、兵士の死者は万余人となった。また高宗は詔で礼部尚書裴行倹を定襄道行軍大総管とし、太僕少卿李思文営州都督周道務ら30数万を率いて阿史徳温傅を討伐し、これを大破した。

調露2年(680年)3月、裴行倹は突厥軍を黒山で大破し、その首領の奉職を捕えた。可汗の阿史那泥熟匐はその部下に殺された。

参考資料[編集]

  • 旧唐書』(本紀第五、列伝第一百四十四上)
  • 新唐書』(本紀第三、列伝一百四十上)