海のオルガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sea organ in scaled form - 波によって奏でられたの響きは、階段の上端にある端から端まで開けられている小窓から生み出されている。

海のオルガン(英:Sea organ、クロアチア語:Morske orgulje)または「シー・オルガン」とは、クロアチアアドリア海沿岸の都市ザダルにある建造物である。

これは、海の波によって生み出される流れが、巨大な大理石階段の下に設置したの中を通ることで圧縮された空気が押しだされてくることを利用した、創作楽器英語版である[1]。波の動きは、幾分無秩序だが調和的音色を奏でてくれている。この装置はクロアチア人建築士のニコラ・バシッチ(Nikola Bašić(en))によって、新都市海岸(Nova riva)再デザイン・プロジェクトの一環として造られた。この海岸は2005年4月15日にお披露目された[2]

歴史[編集]

第二次世界大戦に被災し、荒廃したザダルの再建を目的とした、統一感の欠落した乱雑な再開発が、海岸波打ち際を、あたり一面コンクリート護岸でできたモノトーン面白みのない風景に変えてしまった。このため、海岸一帯は、人が寄り付かない殺風景な状態に長いこと置かれていた。そこで、シー・オルガンをつくったところ、これが、旅行者と地元民を海岸に引き寄せた。現在では、このプロジェクトは、海面へと降りる純白の大理石製階段として完成された。この階段の大理石の下に守り隠され、かつ、皆を引き寄せる音楽を奏でているものは、ポリエチレンパイプおよび共鳴を利用し音を大きくする空洞が複数個セットになったものである。この海岸は、ただの、のっぺりとした殺風景な護岸から、風と海が演じる巨大な楽器へと変貌を遂げた。

2006年、海のオルガンは、都市公共空間におけるヨーロッパ大賞に選出された[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Sea Organs of the World
  2. ^ Stamac, I: Acoustical and Musical Solution to Wave-driven Sea Organ in Zadar, Proceedings of the 2nd Congress of Alps-Adria Acoustics Association and 1st Congress of Acoustical Society of Croacia, pages 203-206, 2005.
  3. ^ Crevar, Alex (2008年7月6日). “After 2,000 Years, a Croatian Port Town Still Seduces”. New York Times. http://travel.nytimes.com/2008/07/06/travel/06next.html 2009年10月22日閲覧。 

外部リンク[編集]

座標: 北緯44度07分02秒 東経15度13分12秒 / 北緯44.11722度 東経15.22000度 / 44.11722; 15.22000