江戸の六上水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

江戸の六上水江戸時代江戸に存在した6つの主要な上水道である。

概要[編集]

江戸の都市拡大に伴って、当然の如く水の需要も増大した。しかし、江戸は元来大部分が湿地帯であり、更に開発によって埋立地が多くなった。そのため、井戸を掘っても海水が混じり、良水を得るのが困難であった。こうしたことから、上水道の建設に着手しなければならなかった。そして、1590年(天正18)の小石川上水(後の神田上水)の開設から始まり、玉川上水の完成。更に明暦の大火1657年〔明暦3〕)後、江戸市中の拡大によって、四上水が加えられた。合計で江戸には6つの上水道が存在した。

江戸の六上水は以下の通りである。

だが、江戸時代を通じて使用されたのは神田上水と玉川上水の両上水に限られる。他の四上水に至っては、1722年(享保7)に突如一斉に廃止されてしまった。この四上水の廃止については「中興より懸り候故」(『享保撰要類集』)とあり、本所上水のみ「殊に水も不参候故」と付け足しされている。本所上水については以前から水量についての指摘がなされていたが、他三上水については何ほどの理由にもなっていない。この四上水が廃止に至ったのは儒学者の室鳩巣が幕府に上申したとされている。この建議については、室鳩巣の意見書を集成した『献可録』によって、内容を窺い知ることができる。

江戸火災の儀に付、水道之儀申上候処、追て所存可申上旨、被仰出候に付、乍恐愚意之趣委細申上候。

一、当地火災に付、火禁火防等之儀。段々被仰候得とも、今以難儀に及候儀は、畢風故如此御座候。大風之時分出火仕候ては、中々人力には難及奉存候。(中略)若大風の日に出合候得は、必大火に罷成申候。(下略)

一、先年老人とも為申聞候て、明暦時分より前は、当地大風吹候ても、風重く風に力有之候、其故物に当り候事は、今より強、大木人家抔吹倒し候得とも、風うはつき不申故、只今のよふにごみ抔吹立申義は無之、火災も只今のやうに節々無之候、明暦已後、風軽くうはつき、まして大風の部分は、空も見へ不申様にごみを吹立申候。其上火災も度々有之由、物語いたし候。

一、牛込忠左衛門長崎奉行之時分、江戸水道出来候に付、長崎にも水道申付候。其時分唐人長崎へ参り、是を承て申候は、朝夕水の手寄には一段よき事に候へとも、此後出火度々可有之候、交趾も此通り水道有之候処に、度々火災出来候旨申候由、先年承申候。其後唐人申如く、長崎度々火災有之候。何故に水道に付、火災有之候と申義は、何とも不承知に候。然ども唐人如斯申候に付、右老人とも申聞候明暦前後の相違を以て引合候て相考候得は、なるほど左様に可有之義と奉存候。水道は明暦年中出来仕候。其後水の手寄よく候故、方々水道を付申候。只今江戸中、地下ハ機を織申如く、縦横十文字に水道有之聞、か様にては悉く地脈を絶候ゆへ、地気分裂仕候て、集可申様無之候。風は荘子にも大塊の噫気と申候て、空には吹申候得とも、元来大地の息にて地より生申候、然所に地気か様に中虚に罷成候て、下に拘申力無之候に付、近年大風と申候得は、必狂惣にうはつき申候故、其儘火をさそひ、火も狂風に乗して盛に罷成、十町廿町の外へも飛申事に御座候。夫のみならす、土は水気を含候て常に潤ひ申候所に、地中に水流候ては、惣様の土の潤ひはきと水道えぬけ申候。是同気相感の道理にて御座候。其故土に潤無之枯乾仕候。其中より生し申風にて候故、風も殊外乾候て爛火を催様に奉存候。

一、先日本所筋水道破損已後、火災無之義始て奉承知候。弥日頃考趣と符号仕候様ニ奉存候。(下略)

一、右之通に御座候得は、水道は潰申度ものに御座候へとも、道奉行ともより差上候書付通に御座候。只今不残つぶし申義は成かたき事奉存候。其上当地の地形、東南はひくき湿地にて、数丈堀候ても水甚鹹候て、大分の造作にて、居人之力難及御座候。(中略)勿論南風にても火災有之候得とも、第一冬の末より来二月時分迄北風烈しく候間、御城より北の方小石川巣鴨邊の水道を先潰申度ものに御座候。夫も東南の湿地へ通り候水道一筋をは残置、其外脇へ取申候水道を不残埋候様に仕、可然奉存候。只今水懸り不申所々余程有之候。何とぞ江戸半分程も所々水道潰候而、風のよふす替り、火災薄く可罷成様に奉存候。(下略)

この意見書には上水は火災の原因なるという、全くもって非科学的なことが書かれている。江戸時代を通じて江戸は何度も大火に見舞われたのは周知のとおりであるが、上水が火事を引き起こすとは到底考えられず全くもって根拠のない意見書であり、これが直接四上水の廃止に繋がったとは思えない。廃止の本当の理由は不明である。この当時、8代将軍徳川吉宗の治世であり、著名な「享保の改革」が行われており、幕府の財政難を解消するため、積極的な新田開発が進められていた。幕府の天領が多かった武蔵野地方の新田の用水路として玉川上水が分水されていた。そのため、玉川上水の分水であった青山・三田・千川の三上水の給水量は玉川上水の分水の増加により減少している。幕府は政策の断行するため、室鳩巣の建議を持ち出したに過ぎないと考えられている。