毛細管

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

毛細管(もうさいかん、capillary、毛管キャピラリー)とは、物理学化学などの実験に用いられる「髪の毛のように細い」管のこと。毛管(もうかん)あるいはキャピラリーとも呼ばれる。また、医学の分野では毛細血管のことを毛細管、または毛管と呼ぶ場合がある(これについて毛細血管の項で述べる)。

実験では、内径が1 mmに満たないガラス製のものがよく用いられる。これはガラス管をバーナーなどの炎で熱して柔らかくした後で一気に引き延ばすと、容易に作製することができる。

毛細管の一端を液体に浸すと、重力に逆らって液体が毛細管の内部に浸透していく現象(毛細管現象)が見られる。この現象を利用して微量の液体を採取したり、また採取した後の液体をろ紙などにスポットする(点状にしみ込ませる)ことが可能である。小型の実験動物から採血したり、薄層クロマトグラフィーで測定試料をスポットするときに応用されている。

また化学実験で、試料の融点測定をするときにも使用される。この場合は、ガラス製の毛細管の一端を熱して閉じた、太さ約1mm長さ5cm程の試験管状のものが一般に使用される。

関連項目[編集]