歓びを歌にのせて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
歓びを歌にのせて
Så som i himmelen
監督 ケイ・ポラック
脚本 ケイ・ポラック
製作 アンダース・ビルケラン
ヨーラン・リンストロム
出演者 ミカエル・ニクヴィスト
フリーダ・ハルグレン
ヘレン・ヒョホルム
音楽 ステファン・ニルソン
撮影 ハラル・グンナル・ポールゴール
編集 トマス・テン
配給 日本の旗 エレファント・ピクチャー
公開 スウェーデンの旗 2004年8月20日
日本の旗 2005年12月17日
上映時間 132分
製作国 スウェーデンの旗 スウェーデン
言語 スウェーデン語
英語
イタリア語
製作費 SEK 25,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $18,328,469[2]
テンプレートを表示

歓びを歌にのせて』(よろこびをうたにのせて、スウェーデン語: Så som i himmelen英語: As It Is in Heaven)は、2004年スウェーデン映画。スウェーデン国内の動員数160万人。第77回(2004年)米国アカデミー外国語映画賞にノミネートされた。

ストーリー[編集]

「音楽で人の心を開きたい」という夢を抱く人気指揮者ダニエル・ダレウスは、公演直後に心筋梗塞を起こし舞台で倒れ、一命は取り留めたが、それを機会に第一線から退いてしまう。病を押して彼が隠遁の地に選んだのは7歳のときに後にした故郷ノールランドの小村。酷い虐めにあった苦い思い出の地だ。転居して早々、ダニエルはスポーツ店主アーンから教会の聖歌隊への助言を求められる。聖歌隊に関わる村人たちはそれぞれ不満や悩みを抱えていた。夫の暴力に苦しむ歌の上手いガブリエラ、太っていると馬鹿にされるホルムフリッド、障害のせいで歌わせてもらえないトーレ…。初めは指導をためらっていたダニエルだったが、音楽の力を信じ、「声を感じあう」という独自の指導を始める。次第に音楽の歓びに浸っていく村人たちであったが、教会のスティッグ牧師は変化を嫌って干渉し始める。村でのコンサートが成功し、アーンが申し込んだインスブルックのコンクールから招待状が届く…。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ダニエル ミカエル・ニクヴィスト 小杉十郎太
レーナ フリーダ・ハルグレン 田村聖子
ガブリエラ ヘレン・ヒョホルム 伊倉一恵
アーン レナート・ヤーケル
スティッグ牧師 ニコラス・ファルク
インゲ(スティッグ牧師の妻) インゲラ・オールソン
コニー(ガブリエラの夫) ペア・モアベア

脚注[編集]

  1. ^ Så som i himmelen (2004) - Box office / business” (英語). IMDb. 2012年1月29日閲覧。
  2. ^ As It Is in Heaven (2008)” (英語). Box Office Mojo. 2012年1月29日閲覧。

外部リンク[編集]