標準C++ライブラリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

標準C++ライブラリは、C++の標準規格で定められたライブラリである。これはクラス関数などの集合であり、汎用的なコンテナとそれを操作する関数、関数オブジェクト、汎用的な文字列ストリーム(コンソールやファイルとの入出力)、言語機能サポート、平方根を求めるなどといった日用的な関数などから構成される。また、ISO C90の標準Cライブラリも含んでいる。標準C++ライブラリはそのほとんどが名前空間std内にある。

Standard Template Library (STL)は標準C++ライブラリの一部分で、コンテナアルゴリズムイテレータ関数オブジェクトなどを含むものである。中にはSTLという言葉を標準C++ライブラリと混同して使う者もいる。

標準C++ライブラリのヘッダには末尾に.hが付かない。

ヘッダ[編集]

次に挙げるヘッダが存在する。末尾に (*) が付いているものは C++11 で増えたもの。

コンテナ[編集]

一般[編集]

文字列[編集]

ストリームと入出力[編集]

数値処理[編集]

言語支援[編集]

スレッド[編集]

標準Cライブラリ[編集]

C++において標準Cライブラリのヘッダは、Cと異なった名前になる。ヘッダ名に末尾から.hを取り除き、先頭にcを加えるのである。例えばtime.hはctimeという具合である。そしてヘッダ内の宣言は名前空間stdの中に置かれるため、名前空間の影響を受けないマクロを除く、関数や型名にはstd::を付けるなどしなければならない。なお、ISO Cでは関数をマクロとして実装することも認めていたが、ISO C++では認められていない。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]