集合 (プログラミング)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

集合(しゅうごう、set)とはコンピュータプログラミングにおける抽象データ型の一種。

順序を持たないデータの集まりで、"同一"のデータは一つしか含まれないことが保証される。ただし一般には、同一性は与えられた比較関数で判定されるので、外の文脈で同一かどうかは関数依存である。重複するデータを挿入しようとした場合、

  • 無視する
  • 新しい物で置き換える
  • 多重化する(→多重集合参照)

のいずれかが発生する。多重化した集合では挿入回数だけ削除を行わない限りデータは取り除かれない。

アクセス速度は実装により様々だが、二分木ハッシュテーブルなどのデータ構造を用いて高速化を図ることが多い。

各プログラミング言語の集合[編集]

関連項目[編集]