森亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

森 亮(もり りょう、1911年6月7日 - 1994年3月19日)は、英文学・比較文学者、詩人。

大阪府生まれ。東京帝国大学英文科卒。旧制松江高等学校教授、お茶の水女子大学教授。「新体詩抄」や「海潮音」など明治期の訳詩集の研究のほか、小泉八雲の研究でも知られ、『小泉八雲作品集』を翻訳、『ラフカディオ・ハーン作品集』の編集と解説を担当、1992年、訳詩集『晩国仙果』で読売文学賞受賞。

著書[編集]

  • 庭と夜のうた 詩集 筑摩書房 1972
  • 小泉八雲の文学 恒文社 1980

翻訳[編集]

  • ルバイヤット  オーマー・カイヤム ぐろりあ・そさえて 1941
  • 白居易詩鈔  平凡社東洋文庫 1965 のちワイド版
  • 小泉八雲作品集 全3巻 河出書房新社 1977、共訳
  • ロセッティ小曲 『生の家』より 文華書院 1980
  • ヘリック詩鈔 槐書房 1982  岩波文庫 2007
  • ルバイヤット [クラテール叢書3]国書刊行会 1986
  • ラフカディオ・ハーン著作集 第2巻 恒文社 1988
  • 小泉八雲怪談奇談集 河出文庫上下 1988 共編訳
  • 晩国仙果 全3巻、小沢書店 1990-1991
1巻はイスラム世界、2巻は近代イギリス、3巻は中国古典