柘榴坂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
柘榴坂下

柘榴坂(ざくろざか)は東京都港区高輪三丁目と四丁目の境界に存在する品川駅からちょうど西側に上る道で、第一京浜を挟んで品川駅高輪口(西口)の向かい側にある。

坂を下ると、品川駅に出る。坂の途中には、グランドプリンスホテル新高輪がある。坂上には、都営バス「グランドプリンスホテル新高輪前」停留所が、坂下には、都営バス「品川駅前」停留所、ウィング高輪京品ホテルがある。現在、都バス品93と品97がこの坂を通って運行している。

歴史[編集]

坂名の起源は伝わっていない。柘榴の木があったためと言われる。江戸時代はカギ形に折れ曲がる坂であったが、明治時代に直進するように作り変えられ、石榴新坂とも呼ばれていた。

江戸時代には北側が薩摩藩島津家下屋敷、南側が久留米藩有馬家下屋敷と両側を広大な屋敷に挟まれていた。坂下南側には高山稲荷に通じる二百数段の石段が伸びていたが、同社は境内縮小により現在柘榴坂とは接していない。