杉東会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

杉東会(すぎとうかい)は東京都新宿区に本拠を置く的屋暴力団

コロビ的屋団体であり、かつては杉東連合会(すぎとうれんごうかい)と称し東京都内に勢力を持っていたが、現在は他の的屋団体と同じく衰退傾向にある。

歴史[編集]

杉並初代・吉村勘五郎の若者、井川松五郎が吉村親分の許可を得て杉並の東部で露天営業を始め、慶応元年1月8日、家名を杉東会とした。会長に井川松五郎、副会長に岡本梅吉(舎弟)が就いた。

以降、二代目・井川与一、三代目・井川松之助と続き、昭和29年12月に三代目が死去。その後四代目を岡本二代目・岡本春次郎が継承したが、翌昭和30年11月に死去し、後継者が見つからなくなる。

昭和31年2月22日、岡本初代分家野原二代目・野原松次郎の提案により、杉東、杉並、野原、高井戸の四家名が合流した杉東連合会を結成し、初代会長に野原松次郎が就いた。

昭和37年12月8日、野原松次郎会長が死去し、昭和39年3月9日に野原 進(本名: 中井 進)が野原三代目を継承し、杉東連合会会長を兼務した。

その後、野原英三が野原四代目を継承し、杉東連合会会長に就任する。四代目の頃、組織名称を杉東会を改めた。

2010年2月3日、野原英三が死去。同年6月28日に野原朝明(本名: 松川朝明)総家野原三代目分家和田組二代目組長が野原五代目を継承し、杉東会会長に就いた。

歴代会長[編集]

最高幹部[編集]

参考文献[編集]