朝比奈氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
朝比奈氏
家紋
左三つ巴
本姓 藤原北家堤兼輔後裔?
桓武平氏三浦氏流?
家祖 朝比奈国俊堤兼輔後裔の場合)
朝比奈義秀桓武平氏三浦氏流の場合)
種別 武家
支流、分家 岡部氏武家
遠江朝比奈氏(武家
駿河朝比奈氏(武家
凡例 / Category:日本の氏族

朝比奈氏(あさひなうじ)は、日本氏族藤原氏または平氏を名乗る。



概要[編集]

藤原北家堤中納言兼輔の子孫たる堤公国の子・五郎国俊が、駿河国志太郡朝比奈郷(現在の静岡県藤枝市岡部町)を本貫とし、朝比奈氏を興すとされる(朝比奈家譜)なお彼の弟の公俊岡部氏の祖になっている。

別の伝承では、朝比奈氏は、三浦一族の和田義盛の息子・朝比奈義秀から興ったという。

系譜が錯綜しているため、正確な系譜は不詳。中世・近世に登場する朝比奈氏の位置づけも系統がはっきりせず、一族の関係も不明である。

戦国時代に入り、朝比奈氏は今川氏に仕える。このころ既に遠江朝比奈氏と駿河朝比奈氏の2家に分かれていた。遠江朝比奈氏は、朝比奈吉俊の子・朝比奈泰煕掛川城を築城し、掛川城主として今川家に仕え続けた。今川氏真が領地を失うと没落している。一方朝比奈俊永の系統である駿河朝比奈氏は、朝比奈信置のとき今川家から武田氏に旗幟を変え、武田の武将として活躍した。その子宗利は、武田氏滅亡後に徳川氏に仕え、幕臣となった。

系図[編集]