最後の晩餐 (1973年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
最後の晩餐
La Grande bouffe
監督 マルコ・フェレーリ
脚本 マルコ・フェレーリ
ラファエル・アスコナ
製作 ヴァンサン・マル
音楽 フィリップ・サルド
撮影 マリオ・ヴルピアーニ
公開 イタリアの旗 1973年9月24日
日本の旗 1974年10月12日
上映時間 130分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
イタリア語
テンプレートを表示

最後の晩餐』 (La Grande bouffe) は、1973年公開のフランスイタリア合作映画。

監督はマルコ・フェレーリ、主演はマルチェロ・マストロヤンニウーゴ・トニャッツィミシェル・ピッコリフィリップ・ノワレ。金持ちの男たち4人が食欲性欲の限りを尽くし、死んで行くさまを描いたブラックコメディという独特の内容や、人によっては不愉快に感じる描写(嘔吐排泄乱交など)により、しばしばB級映画のような扱いを受ける。なお、本作では主役4人の名前が演者のファーストネームと被っている。

あらすじ[編集]

パリの由緒ある大邸宅に集まった食道楽の趣味で結ばれた4人の中年男が、邸内にある菩提樹を見にきたという女教師も交え、食と性の2大本能に殉じていく。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

外部リンク[編集]