暮露暮露団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「暮露暮露団」

暮露暮露団(ぼろぼろとん)は、日本妖怪の一種。江戸時代の画家・鳥山石燕の妖怪画集『百器徒然袋』に描かれている。

古くなってボロボロになりながらも、様々な理由で残された布団が暮露暮露団となるという。この妖怪にまつわる記録は民間伝承としては残っておらず、石燕による創作と推測されている[1]

また『百器徒然袋』では『徒然草』をもとにした妖怪が多いが、この暮露暮露団の解説にも普化禅宗の僧を意味する「ぼろぼろ」のことが述べられていることから、『徒然草』の第百十五段にあるぼろぼろの話と、ぼろぼろに破れた布団との言葉遊びで暮露暮露団という妖怪が創作されたとの説もある[1][2]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、309頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  2. ^ 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛監修、国書刊行会1992年、302頁。ISBN 978-4-336-03386-4

関連項目[編集]