旧海軍省 (サンクトペテルブルク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

旧海軍省(きゅうかいぐんしょう、ロシア語: Адмиралте́йство=アドミラルイストゥヴァ、英語:Admiralty)は、ロシアサンクトペテルブルクにある建物で、もとロシア海軍省本部がここにあった。現在の建物はアンドレヤン・ザハーロフが設計して1806~1923年に建設されたものである。建物の頂上の細い塔の頂上に金の風見鶏がある。

この建物は「青銅の騎士」像の隣りに当たり、ネヴァ川に面していて、反対側はアレクサンドロフスキー公園に面している。ここからサンクトペテルブルクの目抜き通りである「ネフスキー大通り」が始まるので、観光名所のひとつでもある。 [1]

参照[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『地球の歩き方、ロシア 2008/09』(ダイヤモンド・ビッグ社)の「旧海軍省付近地図」