日本エス・エイチ・エル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本エス・エイチ・エル株式会社
SHL-JAPAN Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 4327 2001年上場
本社所在地 日本の旗 日本
164-0011
東京都中野区中央5-38-16 STNビル
設立 1987年12月22日
業種 サービス業
事業内容 アセスメント事業
コンサルティング事業
トレーニング事業
代表者 奈良学(代表取締役社長
資本金 5億8106万円
発行済株式総数 3,101,800株
売上高 17億5300万円(2011年9月期)
従業員数 68名(2011年9月)
決算期 9月30日
主要株主 株式会社マイナビ
関係する人物 清水佑三
外部リンク http://www.shl.co.jp/
テンプレートを表示

日本エス・エイチ・エル株式会社(にほんエス・エイチ・エル、英:SHL-JAPAN Ltd.)は、日本の人事コンサルティングファーム。イギリスを本拠地とする、アセスメント・サービス・プロバイダーであるSHLグループの日本法人。社員や応募者個々人の人的資源の特性把握をするための適性テストを扱う。特に近年、新卒採用における選考試験として普及しているインターネットを使ったWebテストでは高いシェアを誇る。有名なテストには、GABCAB玉手箱シリーズなどがある。

事業内容[編集]

  • 人材アセスメント事業
新卒採用、キャリア採用、社内の昇進・昇格、配置転換等で使用する適性テストの開発・活用支援
  • コンサルティング事業
採用基準作成、選考プロセスの構築、人材評価手法の設計、カスタマイズ版テストの作成
  • トレーニング事業
面接官向けトレーニング、グループディスカッション評価者トレーニング

沿革[編集]

関連会社[編集]

  • 株式会社マイナビ

外部リンク[編集]