斡啜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

斡啜(あつてつ、女真音:オット、生年不詳 - 1148年)は、皇族。または兀朮とも。中国名は宗弼。初代皇帝阿骨打の第6子(嫡子としては第4子)。

生涯[編集]

1125年に叔父の太宗に従い、従兄の粘没喝(宗翰)と共に北宋の都である開封に攻め寄せて、徽宗欽宗父子を初めとして、北宋の皇族・大臣らを捕虜として北方に連行した。

やがて、江南に逃れたの康王趙構(高宗)が南宋を建国した。彼は叔父の太宗の厳命で、長江を越えて追撃するが、宋将・韓世忠らの軍勢に撃退された。直後に宗輔の陝西平定戦に従軍するも、張浚の前に大敗する。翌年、再び陝西攻略の作戦を起こし、これを攻略。1137年天会15年)、甥の煕宗により、今までの功績で瀋王・右副元帥に封じられる。これによって、彼は金の軍事権を全面的に握った。1138年天眷元年)、再び南宋に遠征し、岳飛韓世忠等と接敵しそうになるが、酷暑により両者軍を退いた。その後も、引き続き都元帥・太保・領行台尚書省を歴任した。やがて政治家としての能力を認められて、尚書・左丞相侍中に昇進し、異母兄の遼王斡本(宗幹)と共に金の頂点として君臨した。1140年(天眷3年)に、再度南宋に遠征し、今度は河南南部を奪回した。

1148年(皇統8年)に死去。熙宗によって、亡兄の斡本と同様に忠烈王諡号を贈られ、梁王に昇格した。

宗室[編集]

妻妾[編集]

不詳

子女[編集]

その他、多数