文章題

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

文章題(ぶんしょうだい)は、文章形式になっている問題のこと。特に初等教育算数で扱う応用問題を指す場合が多い。

概要[編集]

ほとんどの問題は方程式を立てれば解けるが、歴史的に方程式の概念が意識されるより古くから扱われてきた問題も多く、また初等教育では方程式を扱わないため、個々の問題ごとの方程式を用いない解法が広く知られている。

文章題には、割合を強く意識して考える問題とそうでない問題とがある。前者の代表格は加重平均の問題であり、中でも平均算、塩水算、速さの平均などが顕著だが、もちろん広範に適用できる。加重平均の解法は、昔は面積図が主流であったが、昨今では天秤図が主流となっている。

文章題の種類[編集]

和や差に注目する問題[編集]

割合に注目する問題[編集]

その他[編集]

  

その他○○算の類[編集]