救難聖人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
十四救難聖人

救難聖人(きゅうなんせいじん)とは、カトリック教会における聖人崇敬の一種であり、危急の際に信者がその名を呼ぶことで難を救ってくれるとされる聖人。通常、14人が当てられ、十四救難聖人とも呼ばれる。ヨーロッパでは15世紀中ごろから盛んに崇拝されるようになった。

一般的に挙げられる14人を以下に記す。

名前 霊名の祝日 守護対象
>あかアカキオス英語版 05085月8日 頭痛
はるバルバラ 120412月4日 発熱急死
ふらブラシウス 02032月3日 喉の痛みと家畜の保護
かたアレクサンドリアのカタリナ 112511月25日 急死
くりクリストフォロス 07257月25日 腺ペストと旅人や乗り物に乗る人を事故から護る
きりキリアクス英語版 08088月8日 臨終の誘惑
ていパリのディオニュシウス 100910月9日 頭痛
えらエラスムス 06026月2日 の病気
えうエウスタキウス 09209月20日 家庭不和
けおゲオルギオス 04234月23日 家畜の健康
あえアエギディウス 09019月1日 ペスト、良い告解身障者乞食鍛冶屋
まるアンティオキアのマルガリタ 07207月20日 出産、悪魔からの逃亡
はん聖パンテレイモン 07277月27日 内科医結核
ういルカニアのヴィトゥス 06156月15日 てんかん、家畜の保護

上記の14人以外にも次の聖人を加えることがある。

出典[編集]

執筆の途中です この項目「救難聖人」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。