摩尼山 (大韓民国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
摩尼山
Mt mani 2.jpg
チャムソンダン登山道から見た摩尼山のパノラマ合成写真
標高 469 m
所在地 韓国の旗 韓国仁川広域市江華郡
位置 北緯37度36分42秒 東経126度36分05秒 / 北緯37.61167度 東経126.60139度 / 37.61167; 126.60139座標: 北緯37度36分42秒 東経126度36分05秒 / 北緯37.61167度 東経126.60139度 / 37.61167; 126.60139
摩尼山 (大韓民国)の位置(韓国内)
摩尼山 (大韓民国)
摩尼山 (大韓民国) (韓国)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示
摩尼山
各種表記
ハングル 마니산
漢字 摩尼山
発音 マニサン
日本語読み: まにさん
ローマ字転写: Manisan
テンプレートを表示

摩尼山(まにさん)は、韓国の首都ソウルの西方40kmほどの江華島にある海抜468mの山で、国祖・檀君が天を祀ったとされている。韓国人にとってはかけがえのない聖地であり、毎年の韓国国民体育大会の聖火リレーの点火式はここで行なわれる。また、ここから韓国北朝鮮の北端のシンボル、白頭山(ペクト山、中国語名は長白山)へと、南端のシンボル、済州島の漢拏山(ハルラ山)へは、直線でほぼ等距離であると信じられている。

行政区画上は仁川広域市江華郡江華島にある。なお、摩尼は梵語の音訳で「珠玉」の意味である。

2002年には国際連合が定めた国際山岳年を記念し、山林庁100大名山を選定[1]、この中に鶏龍山も名を連ねることとなった[2]

脚注[編集]

  1. ^ 이광원 (2002年10月21日). “한국의 100대 명산” (韓国語). 山林庁. 2013年11月22日閲覧。
  2. ^ 마니산