損切り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

損切り(そんぎり、ロスカット、Cut Loss)とは、含み損が生じている投資商品を見切り売りして損失額を確定すること。

概要[編集]

株式先物取引外国為替証拠金取引(FX)など相場や、不動産投資などの用語として用いられる。

投資の後に評価額が下落した場合、難平塩漬けするとさらに下落が続いて損害が拡大する可能性がある。撤退するための明確な根拠を持って早めに損切りを行うことは、損失の拡大を防止し、資金を守る方法として重要といわれる。

ストップ・ロス[編集]

一取引あたりのリスクを一定以下に限定するため、あらかじめ自分の資金量を勘案し、当該取引で許容しうる損失の最大額を予定し、含み損がその額に達したらポジションを反対売買して清算する損切りの手法。 例えば200万円の投資資金で「1回のトレードにつき損失は10万円まで」というように決めた場合は、株価1万円のA株を100株買って、9000円に下落したところで損切りする。これを「9000円にストップロスを置く」と表現する。

直近の目立った高値・安値を超えるポイントや、オプション取引に絡む注文が集中するキリの良い価格付近には多くの投資家がストップ・ロスを置くため、その価格帯に達した相場は損切りの反対売買を誘発して動きを加速する(いわゆる「ブレイクアウト」の発生)場合がしばしばある。「踏み上げ」「ストップロスを巻き込んで~」等の表現はこれを指す。


この手法を使って投資計画を作る場合は、 (1)まず最大損失額を設定し、(2)「動きの小さいA株は買値から10%、動きの荒いB株は20%下げたら売る」というように、チャートの検討や銘柄のボラティリティから損切りの値幅(ロスカット幅、Cut Loss Margin)[1] を決め、 (3) 上の(1)と(2)から投資数量を算出する、 という順序になる。

例:上でB株を買う場合。1万円で買い、8000円で損切り。買ってよい数量の限度は 10万円 ÷ 2000円 = 50株[2]


損切り注文を出す値位置はパーセンテージのほかに直近の最安値(空売りの場合は最高値)を超えるポイントや、一定期間の移動平均など特定の指標で示されるトレンドの転換点を抜けるポイントに損切り注文を出すなどの手法がある。

この他に、損切りまでの値幅や許容出来る損失額を事前に細かく計算する時間的余裕が少ないデイトレードを中心に、標準的な損切りまでの値幅で損切り額を計算したときに前述のリスク金額を超えない範囲であることを前提に「投資資金いくらあたり何枚取引する」と設定し、資金の増減に合わせてポジション量も増減させるという資金管理の方法もある。

例として、為替相場のデイトレードを資金量100万円、想定される最大損切り幅が50銭、最大損失額を総資金の2%以下の条件で行う場合、資金100万円あたり取引できる量は


例:想定される最大損失額:100万円 × 2% = 2万円。エントリーから50銭反対方向に動いた場合の損失額が2万円となる取引量は、2万円÷0.5円(50銭)=4万通貨


という計算になり、投資資金100万円あたりの取引枚数は4万通貨、以後は投資資金の増減のみを目安にポジション量を増減させる、という形となる。

この資金管理法の場合、1トレードあたりの期待できる利益や最大損失額はそのときの相場のボラティリティに左右されてしまうが、エントリーする前から「次の取引は何枚までトレードして良いか」ということが予め分かっているため、エントリーサインが出た瞬間に即座に発注できる、複利運用の計算が単純化できるなどの利点がある。


また、価格を常に監視する必要がないよう、証券会社によってはあらかじめ「○円以下に下落したら自動で売る」という注文を受け付けている。これを「逆指し値」注文と呼ぶ。

格言[編集]

  • 見切り千両、損切り万両 (損切りは万両の価値があるという例え)

脚注[編集]

  1. ^ 金融用語集(Vocabulary)、Phillip Financials
  2. ^ 実際には手数料とスリッページを考慮する必要がある。ポジション量をリスクに基づいて計算せず、資金一杯に投資することはきわめて危険である。

関連項目[編集]