振動子 (ライフゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ライフゲームにおける振動子(しんどうし、: Oscillator)とは、何世代か後に元の状態に戻る物体のことである。

もっとも小さいパターンはブリンカーの3ピクセルであり、最も生成確率の高いパターンもブリンカーである。

概要[編集]

振動子は、対称性を持つものが多い。

振動子は、動かない移動物体とみなすこともできる。また、固定物体は周期1の振動子とみなすこともできる。

振動子の分類[編集]

ニュースレター LIFELINE の発行者であった Robert Wainwright は、振動子を以下のように分類している[1]

フリップフロップ
周期が2のもの
Billiard Table Configurations(ビリヤード台配置)
変化が一定の(生きているセルで作られた)枠の中で起こるもの(例:時計IIヘルツ振動子
Inductors
垂直方向に対称軸を持つもの(例:パルサー
パルセイター
2より長い周期を持ち、時間によって大きさに変化が起こるもの(例:8の字・銀河ペンタデカスロン
シャトル
決められた範囲内で往復を繰り返すもの(例:ブロックにはさまれた女王蜂・ペンタデカスロンの間を往復するグライダー
その他
上記の分類のどれにも当てはまらないもの

Wainwright はフリップフロップを上記のように定義したが、現在この語には複数の意味がある[2]

  • 周期が2のもの
  • 周期が2で、2つのパターンが互いに鏡像になっているもの
  • 周期が2で、死滅するセルがすべて過疎によるもの

最後の条件を満たすもののうち、前世代のセルが全て死滅するものをフェニックスという。

[編集]

振動子の例 (ブリンカー)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ LifeWiki における同ニュースレターの項目(Page 5 を参照)
  2. ^ LifeWiki のフリップフロップの定義

出典[編集]