思高聖経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

思高聖経(しこうせいきょう)は中国大陸では通常「簡体字: 思高圣经」、それ以外では「繁体字: 思高譯本」と呼ばれているキリスト教聖書の中国語訳である。20世紀中ごろに完成し、カトリックの用語で翻訳されているので、中国語を使うカトリック教会でもっとも広く使われている聖書で、中国大陸では徐々に牧霊聖経が広く使われてきている。

概要[編集]

思高聖経はイタリア人のガブリエレ・アレグラ神父(Rev. Gabrielle Allegra O.F.M.、中国語名:雷永明神父)により1935年ごろ開始され、その後さまざまな人たちも参加して、翻訳も中国大陸から香港に移動して行われ、はじめ旧約聖書、のちに新約聖書の翻訳も完成して、中国語繁体字版が1968年に完成し、のちに中国語簡体字版も出版された。

翻訳の経緯を述べると[1]

  • 1935年 - ガブリエレ・アレグラ(雷永明)神父が翻訳を開始
  • 1945年 - 思高聖経学会が成立して、旧約聖書の翻訳を継続
  • 1946年 - 思高聖経学会が北平(北京)から香港へ移動
  • 1953年 - 旧約聖書の翻訳を完成
  • 1955年 - 新約聖書福音書の翻訳を開始
  • 1968年 - 新約聖書の翻訳を完成し、聖書全書を刊行

参考[編集]

関連項目[編集]

和合本聖書(プロテスタント)、思高聖経(カトリック)、牧霊聖経(カトリック)

外部リンク[編集]