微好気性生物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

微好気性生物(びこうきせいせいぶつ)は、その生存に酸素を要求するが、大気環境中に存在する酸素の濃度(約20 %)よりもずっと低いレベルの酸素を含んだ生息環境を必要とする、独特なタイプの生物である。

微好気性生物の例としては、ヒトにライム病を引き起こすスピロヘータであるBorrelia burgdorferi消化性潰瘍やいくつかのタイプの胃炎に関係しているHelicobacter pylori などが含まれている。

関連項目[編集]

翻訳元[編集]

Microaerophile