廣田幸敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

廣田 幸敬(ひろた ゆきのり)は生物学者、遺伝学者。大阪大学で博士号を取得。学位論文は「Inheritance of an environmental effect in the sex-compatibility of Escherichia coli K-12(大腸菌K-12の性接合に対する外部條件の研究) 」。 国立遺伝学研究所教授。大腸菌E. coli)の変異株、特に温度感受性変異株を収集し、変異株バンクおよびデータベースを作成する。これらから、FtsZ などのFtsファミリーやMinファミリーなどのタンパク質が発見された[1]

著書[編集]

『生物窒素固定の遺伝工学』(1981年)講談社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『細胞生物学事典』(朝倉書店)p.159-160