小青島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小青島
Western 5 islands ko.png
西海5島地図。小青島は地図の左上、
大青島の南側にある
各種表記
ハングル 소청도
漢字 小靑島
発音 ソチョンド
テンプレートを表示

小青島(ソチョンド、소청도)は、黄海に浮かぶ大韓民国統治下の島。韓国統治範囲の中では最も西に離れ、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)統治範囲に近い海域に所在する島の一つで、(ペンニョンド)・大青島(テチョンド)の南側に位置する。

地理[編集]

衛星画像による全景
北から白島、大青島、小青島
ランドサットによる撮影

延坪島・小延坪島と合わせて「西海五島」と呼ばれる、韓国施政下の島の一つである。行政上は、大青島とともに仁川広域市甕津郡大青面に属する。

昔の名前は小岩島である。新石器時代から人居住者があったものと考えられている。島の南側のストロマトライトで成り立った海岸は天然記念物第508号となっている。

交通[編集]

仁川港(仁川沿岸埠頭)から1日2回快速船が運航されており、所要時間は3時間30分程度である。

関連項目[編集]

座標: 北緯37度46分 東経124度45分 / 北緯37.767度 東経124.750度 / 37.767; 124.750