安徳 (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
安徳
3686 Antoku
仮符号・別名 1987 EB
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1987年3月3日
発見者 新島恒男
浦田武
軌道要素と性質
元期:2009年6月18日 (JD 2,455,000.5)
軌道長半径 (a) 2.739 AU
近日点距離 (q) 2.330 AU
遠日点距離 (Q) 3.148 AU
離心率 (e) 0.149
公転周期 (P) 4.53
軌道傾斜角 (i) 5.71
近日点引数 (ω) 78.60 度
昇交点黄経 (Ω) 134.77 度
平均近点角 (M) 279.24 度
物理的性質
直径 16.88 km
スペクトル分類 X
絶対等級 (H) 12.40
アルベド(反射能) 0.0680
■Project ■Template

安徳(あんとく、3686 Antoku)は、太陽系小惑星のひとつ。火星木星の間の軌道を公転している。群馬県尾島町で発見された。

命名[編集]

安徳天皇1178年 - 1185年)に因んで命名された。安徳天皇は壇ノ浦の戦いで8歳にして崩御したが、在位中の1180年平清盛が遷都を計画した福原(現在の神戸市)に行幸し、半年程度であったが滞在した。兵庫県にゆかりがある天皇である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]