威穆帝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
威穆帝 黎濬
後黎朝
第8代皇帝
王朝 後黎朝
在位期間 1505年 - 1510年
姓・諱 黎濬
諡号 威穆皇帝
生年 洪徳19年5月5日
1488年6月14日
没年 端慶5年12月1日
1510年1月10日
憲宗
昭仁皇后
陵墓 安陵
元号 端慶 : 1505年 - 1509年

威穆帝(いぼくてい、ベトナム語: Uy Mục Đế)は、後黎朝大越の第8代皇帝(在位:1505年 - 1510年)。名は黎濬(れい しゅん、ベトナム語: Lê Tuấn)。憲宗の次男。

生涯[編集]

粛宗の死後即位したが、酒色に溺れて暴政をほしいままにした。母の兄弟である阮種阮伯勝を重用して自身の即位に反対した祖母の徽嘉淳太后や朝臣、宗族を多く殺した。から冊封使として訪れた許天錫は威穆帝を「鬼王」と評した。

威穆帝の残忍な統治は多くの人心に反感を引き起こした。威穆帝に投獄されていた従弟の簡修公黎は獄吏に賄賂を渡して脱獄、清華に逃走し、そこで兵を挙げた。端慶5年(1509年)11月に反乱軍は都昇龍に迫ると、威穆帝は逃亡した。その後黎に捕まり鴆毒を飲んで死んだとも(『大越史記全書』)、逃亡中に殺されたとも言われている。威穆帝に一族を殺されていた黎は大砲でその屍を粉々にし、愍厲公に落とした。

清華出身の軍人の支持を得た黎襄翼帝として即位した。

外部リンク[編集]

先代:
粛宗
後黎朝の第8代皇帝
1505年 - 1510年
次代:
襄翼帝