天井下り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
天井下から転送)
移動: 案内検索
鳥山石燕今昔画図続百鬼』より「天井下り」

天井下り天井下(てんじょうくだり)または天井下がり(てんじょうさがり)は、鳥山石燕の妖怪画集『今昔画図続百鬼』に描かれている日本妖怪

長い髪を振り乱した醜い老女が、家の天井から逆さまでぶら下がった姿として描かれている。書籍によっては、夜中などに家の天井から突然現れるが、特に人間に対して危害を加えることはない、などとされている[1]

日本古来の家の天井とは、死体が転がっていたり、女性が監禁されたりと、一種の異界ともいうべき場所であり[2]、天井下りはその異界から出現する妖怪との解釈もある[3]

石燕の時代には、人を困らせるという意味で「天井を見せる」という言い回しがあったことから、石燕が言葉遊びで創作した妖怪との説もある[4]

類話[編集]

江戸時代の怪談集『宿直草』にある「甲州の辻堂に化け物のある事」によれば、甲州(現・山梨県)で山中のお堂の天井裏に化け物が住み着き、お堂に泊まった旅人を捕えて食らっていたという[5]

山梨県北巨摩郡民間伝承によれば、夜中に天井から「天吊るし(てんづるし)」という稚児のような姿のものが現れたという[6]。特に人間に危害をあたえるわけではなく、ただ現れるだけである[7]。書籍によっては天井下りの類話として扱われているものの[8]、天吊るしは民間伝承、天井下りは前述のように創作物とされているため、類話とはいえないとの指摘もあるが[9]、天吊るしもまた創作された妖怪とする説もある[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 草野巧・戸部民夫 『日本妖怪博物館』 新紀元社1994年、118頁。ISBN 978-4-88317-240-5
  2. ^ 稲田篤信・田中直日編 『鳥山石燕 画図百鬼夜行』 高田衛監修、国書刊行会1992年、166頁。ISBN 978-4-336-03386-4
  3. ^ 水木しげる妖鬼化』2、Softgarage2004年、103頁。ISBN 978-4-86133-005-6
  4. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、235-236頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  5. ^ 荻田安静編著 「宿直草」『江戸怪談集』下、高田衛編・校中、岩波書店岩波文庫〉、1989年(原著1677年)、46-55頁。ISBN 978-4-00-302573-4
  6. ^ 大藤時彦他 『綜合日本民俗語彙』第3巻、民俗学研究所編、柳田國男監修、平凡社1955年、1005頁。NCID BN05729787
  7. ^ 水木しげる 『妖怪大図鑑』 講談社〈講談社まんが百科〉、1994年、65頁。ISBN 978-4-06-259008-2
  8. ^ 多田克己 『幻想世界の住人たち』IV、新紀元社〈Truth In Fantasy〉、1990年、269頁。ISBN 978-4-915146-44-2
  9. ^ 村上健司他 「家・屋敷に現れる妖怪」『DISCOVER妖怪 日本妖怪大百科』VOL.05、講談社コミッククリエイト編、講談社〈KODANSHA Officisil File Magazine〉、2008年、10-14頁。ISBN 978-4-06-370035-0
  10. ^ 今野圓輔編著 『日本怪談集 妖怪篇』 社会思想社現代教養文庫〉、1981年、49頁。ISBN 978-4-390-11055-6

関連項目[編集]