塩化トリフェニルスズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
塩化トリフェニルスズ
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 639-58-7 チェック
PubChem 12540
ChemSpider 12023 チェック
ChEMBL CHEMBL515580 チェック
特性
化学式 C18H15ClSn
モル質量 385.4747
外観 無色の固体
融点

108 °C

沸点

240 °C

への溶解度 有機溶媒
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

塩化トリフェニルスズ (triphenyltin chloride) は、化学式がSn(C6H5)3Clで表される有機化合物である。無色の固体で、有機溶媒に溶け、とはゆっくり反応する。殺菌剤または防汚剤として用いられる[1]

危険性[編集]

塩化トリフェニルスズはラットにおいて着床後損失の増大や着床不全を引き起こすことが分かっている[2]。また、ホルツマンラットにおいて体重や精巣のサイズ・構造に有害な影響を及ぼし繁殖力を低下させた[3]

出典[編集]

  1. ^ Davies, A. G. (2004). Organotin Chemistry. Weinheim, Germany: Wiley-VCH. ISBN 3-527-31023-1. 
  2. ^ Ema, M. (2000). “Reproductive and developmental toxicity of triphenyltin chloride in rats”. Congenital Anomalities (Osaka, Japan: National Institute of Health Sciences) 40 (1): 8–13. doi:10.1111/j.1741-4520.2000.tb00903.x. ISSN 0914-3505. 
  3. ^ Golub, M. S. (2006). Metals, Fertility, and Reproductive Toxicity. CRC Press. pp. 28–31. ISBN 0-415-70040-X.