国上山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
国上山
Gthumb.svg
画像募集中
標高 312.8 m
所在地 日本の旗 日本 新潟県燕市
位置 北緯37度40分13.7秒
東経138度48分56秒
座標: 北緯37度40分13.7秒 東経138度48分56秒
国上山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

国上山(くがみやま)は、新潟県燕市に位置するである。標高は312.8m。

概要[編集]

角田山弥彦山から連なる、俗に弥彦山脈と呼ばれる山並みの南端に位置する。江戸時代後期に良寛が住んでいたことで有名な山である。山頂から約1キロ弱南の中腹に国上寺があり、その手前に良寛が居住地とした五合庵、乙子神社もある。新潟県道2号新潟寺泊線から新潟県道405号国上公園線が中腹まで通じており、車で国上寺、五合庵、乙子神社を見ることができる。朝日山展望台へは吊り橋でいける。

観光地でもある弥彦温泉海水浴場の多い越後七浦シーサイドライン、魚のアメ横として有名な寺泊港にも近い。

なお、山の南側は1922年大河津分水が日本海に注ぐまでは、300m前後の山が柏崎市方面までつながっていたが、これらの山は弥彦山脈とは呼ばれない。これは大河津分水完成後も同じである。