呂翔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

呂 翔(りょ しょう、生没年不詳)は、中国後漢時代末期の武将。兗州東平郡の人。『後漢書袁紹伝での名は「高翔」(後の蜀漢に同姓同名の武将がいるが、さすがに別人であろう)となっている。

正史の事跡[編集]

姓名 呂翔
時代 後漢時代
生没年 〔不詳〕
字・別号 〔不詳〕
本貫・出身地等 兗州東平郡
職官 大将
爵位・号等 列侯
陣営・所属等 袁尚曹操
家族・一族 〔不詳〕

袁紹の三男袁尚配下の大将で、呂曠も同僚の大将である。建安8年(203年)8月、袁尚に従って、袁尚の兄・袁譚を平原に包囲する。追い詰められた袁譚は曹操に降伏し、同年10月に曹操は袁譚の救援に向かったため、袁尚は平原の包囲を解いた。ところが、呂曠と呂翔は袁尚に反逆して陽平に駐屯し、まもなく曹操に降伏して列侯に封じられた。その後、袁譚は、呂曠と呂翔に将軍の印綬を授けて懐柔しようとしたが、2人ともそれには全く乗らなかった。以後、2人とも史書には登場しない。

物語中の呂翔[編集]

小説『三国志演義』では呂曠の弟とされている。袁譚の説得を受けた後に兄弟で曹操に降った。列侯に封じられた件、袁譚からの将軍の印綬の件は、史実と同様である。その後、兄・呂曠と共に曹仁配下に属し、曹仁に懇願して5千の兵で新野の劉備を襲うが、敗戦して張飛に矛の一撃で仕留められる。

参考文献[編集]