吉田六郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

吉田 六郎(よしだ ろくろう、1908年 - 1986年3月8日)は、ドイツ文学者、文芸評論家、東京都立大学名誉教授。

栃木県足利市生まれ。松本高等学校文科乙類を経て、1932年東京帝国大学独文科卒。33年桐生高等工業学校教授。37-38年文部省から派遣されベルリン大学に学ぶ。39年陸軍教授、42年第四高等学校教授、戦後50年金沢大学助教授、51年東京都立大学助教授、60年教授。1971年「ホフマン - 浪漫派の芸術家」で東京大学文学博士。72年都立大を定年退官。E・T・A・ホフマンの翻訳・研究と夏目漱石に関する評論を書き、藤代素人秋山六郎兵衛板垣直子らの、『吾輩は猫である』がホフマンの『牡猫ムルの人生観』に影響を受けたという説を論駁し、漱石は聞きかじってはいたが『猫である』はオリジナルな作であると論じた(吉田六郎教授略歴「人文学報」都立大、1972年)。

著書[編集]

  • 作家以前の漱石 弘文堂書房 1942
  • 『吾輩は猫である』論 漱石の「猫」とホフマンの「猫」 勁草書房 1968
  • 漱石文学の心理的探究 勁草書房 1970
  • ホフマン 浪曼派の芸術家 勁草書房 1971
  • 幽霊に殺された男 短篇小説集 勁草出版サービスセンター 1981.10

翻訳[編集]

  • エ・テ・ア・ホフマン選集 第1集 白山書房 1947
  • ドイツ文学撰 ホフマン 白山書房新社 1948
  • スキュデリー嬢 ホフマン 1956 (岩波文庫)
  • 生死を越えて ツックマイアー 1957 (角川文庫)
  • マルチンくんの旅 ルイーゼ・リンザー 白水社 1960

参考文献[編集]

  • 『アルペン颪 旧制高等学校物語 松本高校編』(財界評論新社 1967年)