双系制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

双系制(そうけいせい)とは、父系制母系制のいずれでもなく、非単系の出自の辿り方をいう。

概要[編集]

東南アジアオセアニアにおける人類学的調査の進展から、従来言われてきた「母系制から父系制へ」という考え方に対する批判として提示された。

もっとも、非単系と呼ばれる出自の中には出生後に父系か母系かを選択する選系と父系と母系のつながり全体を指す共系に分かれているが、双系制がこのうちのどこを指すのかについては研究者によって意見が分かれ混乱の原因となっている。これは「出自」を排他的親族集団を構成する要素と見るか、共通の先祖を持つ系譜的つながりとしてのみ見るか意見が分かれていることによる。前者の説を採用すれば出自集団の存在自体を想定しない共系は出自の概念から排除されるため、明確な出自集団を欠如した双方的な親族社会を構成する社会のみを指し、後者の説によればこれに共系が加わることになる。

長い間、「母系制から父系制へ」の移行と考えられてきた古代日本の家族像が1970年代に入ると、明確な婚姻居住規制の欠如や父方・母方共通の親族呼称、中世前期まで続いた男女を問わない均分相続、外戚女帝の登場、一部に見られた女系による政治的・社会的地位の継承(子の側から見れば、母系の政治的・社会的地位の継承)などから、双系制社会とみる学説が登場して有力視されるに至った[要出典]。ただし、前述の通り、出自および双系制の定義が確立していないために日本における双系制への理解も父系母系双方の出自集団に属していたとする考え、出自集団の欠如による現象とする説、従来の説を支持する立場から「母系制から父系制へ」の過渡期が長期化した説などが混在している。

参考文献[編集]

  • 義江明子「双系制」(『国史大辞典 15』(吉川弘文館、1996年) ISBN 978-4-642-00515-9
  • 義江明子「双系制」(『日本歴史大事典 2』(小学館、2000年) ISBN 978-4-09-523002-3