南禅寺 (山西省)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南禅寺
782年建造の大仏殿。中国現存最古の木造建築とされる。

所在地 山西省忻州市五台県李家村五台山
山号 五台山
宗派 華厳宗(南宗禅⇒華厳宗)
本尊 釈迦牟尼文殊菩薩普賢菩薩
創建年 不明
開基 不明
文化財 大仏殿(中国現存最古の木造建築)
テンプレートを表示
大仏殿の側面.

南禅寺(なんぜんじ)は、中華人民共和国山西省忻州市五台県李家村五台山にある仏教寺院。782年(建中3年)に建築された大仏殿は中国現存最古の木造建築とされる[1][2]

南禅寺のある五台山は古くから霊山として知られ、南禅寺を含む五台山全体が2009年世界遺産に登録された。

歴史[編集]

の時代に創建されたとする。創建年および開基は不明。大仏殿の平梁下端に782年建中3年)再建の墨書銘があり、中国では現存最古の木造建築とされている。

中国の古い寺院は、840年開成5年)に武宗が行った会昌の廃仏で壊滅的打撃を受けたが、海抜2800~3000メートルという五台山周辺の寺院は、その厳しい環境のせいか、弾圧を免れ存続に成功した。南禅寺はその中の一つだった。

脚注[編集]

  1. ^ [中国之最:第15回]中国最古の木造建築は?
  2. ^ 南禅寺に続く晩唐建築は、佛光寺 (山西省)広仁王廟天台庵などがある