卓越の湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
卓越の湖
{{{画像説明}}}
ラテン名 Lacus Excellentiae
英語名 Lake of Excellence
直径 184 km
月面座標 南緯35度24分 西経44度00分 / 南緯35.4度 西経44.0度 / -35.4; -44.0座標: 南緯35度24分 西経44度00分 / 南緯35.4度 西経44.0度 / -35.4; -44.0
月面緯度 南緯35.4°
月面経度 西経44.0°
テンプレートを表示

卓越の湖(Lacus Excellentiae)は、の南半球にある比較的小さな不規則な形の湖である。湿りの海の南に位置する。湖の中には、小さなクラウジウスクレーターがある。

この湖の月面座標は、南緯35.4°、西経44.0°で、直径は184kmである。命名は比較的最近で、国際天文学連合で1976年に承認された。

卓越の湖は、スマート1の衝突地点となった。このプローブは、衝突時の噴出物質の性質を観測するため、2006年9月3日に月表面に衝突させられた[1]

出典[編集]

  1. ^ “Probe crashes into Moon's surface”. BBC News. (2006年9月3日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/sci/tech/5309656.stm 2010年5月7日閲覧。 

外部リンク[編集]