十輪寺 (高砂市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
十輪寺
Takasago Jyurinji Temple.JPG
所在地 兵庫県高砂市高砂町横町1074
位置 北緯34度44分50.3秒
東経134度47分59秒
山号 宝瓶山
宗派 浄土宗西山禅林寺派
本尊 阿弥陀如来
創建年 弘仁6年(815年)
開基 空海、中興 法然(開山)
正式名 宝瓶山十輪寺
札所等 法然上人二十五霊跡 第三番
テンプレートを表示

十輪寺(じゅうりんじ)は、兵庫県高砂市にある浄土宗西山禅林寺派の寺院。山号は宝瓶山。本尊は阿弥陀如来法然上人二十五霊跡第三番。御詠歌 生まれてはまづおもい出ん古里に ちぎりし友の深き誠を。

歴史[編集]

寺伝によれば、この寺はもともと唐より帰朝した空海によって、815年弘仁6年)「地蔵十輪経」に基づき、勅を奉じて、鎮護国家の祈祷書として、地蔵山十輪寺と号した真言宗の寺院であったが、1207年建永2年)法然が地元の漁師に説法したことから、法然の弟子の信寂房が、法然を中興開山に迎えて、再興して西山派の流れをくむ浄土宗の寺院になったという。大永7年(1527年)大坂境の僧十万が讃岐の生福寺に詣で、法然自画自賛の「宝瓶の御影」を得て当寺に寄贈、以来宝瓶山と山号を改める。江戸時代初期には京都所司代を務めた板倉勝重の帰依を得、寺領を寄進されている。墓地には漁師の八田治部太夫夫婦の墓石が残る。

文化財[編集]

重要文化財
  • 絹本著色五仏尊像[1]
兵庫県指定文化財
  • 絹本著色阿弥陀来迎図
  • 本堂
高砂市指定文化財
  • 絹本著色不動明王二童子像
  • 庫裏・大玄関・小玄関

所在地[編集]

  • 兵庫県高砂市横町1074

脚注[編集]

  1. ^ 国指定文化財データベース(絹本著色五色尊像)

外部リンク[編集]