北ボルネオ会社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Board of directors
W. C. Cowie, Managing Director with the Sultan of Sulu
Area of the Chartered Company's Property

北ボルネオ会社(きたボルネオがいしゃ、英語: North Borneo Chartered Company)またはイギリス北ボルネオ会社(イギリス-、British North Borneo Company)は、北ボルネオ英語版(現在のサバ州)を統治するために、1881年8月に設立されたイギリスの勅許会社

歴史[編集]

1881年8月、北ボルネオ会社設立。設立当初は、北インドのシク教徒を警官とするために連れてきて、法律を制定した。そして貿易を盛んにし、政治システムや法や罰則を施行するための裁判所を導入し、ジェッセルトン(現在のコタキナバル)からテノム英語版(Tenom)まで鉄道を敷き、農産物のバーター貿易を奨励し、プランテーションを造園した。1882年、北ボルネオ会社はガヤ島英語版(Pulau Gaya)の居住区に創設され、1年後に本国よりサバ州統治の委任を受けた。

1888年北ボルネオが大英帝国の保護領(イギリス保護国北ボルネオ英語版)となった。 しかし1897年にサバの部族によってガヤ島居住区が襲撃されて焼け落ち、以後再建されることは無かった。

1946年まで国内問題は、北ボルネオ会社によって治められた。

関連事項[編集]