保磁力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

保磁力(ほじりょく, Coercivity)は磁化された磁性体を磁化されていない状態に戻すために必要な反対向きの外部磁場の強さをいう。 抗磁力(こうじりょく)ともいう。

保磁力の単位には、CGS単位系ではエルステッド [Oe] 、SI単位ではアンペア毎メートル [A/m] をもちいる。1 [A/m] は 4π×10-3 [Oe] である。

BHカーブ、磁性材料が外部磁場(H)の中に置かれた時の磁化(磁束密度:B)の強さを示す図。


図において、強磁性体を外部磁場の中にいれて外部磁場を大きくしていくと、磁性体は着磁される。そこから外部磁場を減少させていっても、磁性体に着いた磁力の強さは、着磁時のカーブにのって減少することはなく、ヒステリシスをもつ。 外部磁場がゼロになったとき、残っている磁化を残留磁化という。さらに逆向きの磁場を加えて、残留磁化がゼロになったときの外部磁場の強さが保磁力である。

永久磁石の材料としては保磁力が大きいことが望ましく、変圧器の磁芯などの用途では、逆に小さいことが望ましい。 保磁力は外部磁場による磁壁の動きやすさによって決まるので、材料の組織の大きさ、残留ひずみの量などで変化する。

なお、磁力を失わせることを消磁(しょうじ, Degaussing)と言う。


関連項目[編集]