何植

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

何 植(か しょく、生没年不詳)は、中国三国時代の武将・政治家。字は元幹揚州丹陽郡句容県の人。父は何遂。姉は何氏(孫和妻)。『三国志』「孫和何姫伝」等に記述がある。

父は孫権配下の騎兵に過ぎなかったが、孫権が軍営を巡見していたときに、見物に来ていた娘が孫権の目に留まったため、後宮に迎えられた。孫権は後に子の孫和に妻として与えた。何姫が孫皓を産んだ後、孫和は廃太子となり、南陽王に落され長沙に家族と共に押し込められた。しかし何姫は孫和が正妻の張氏(張承の娘)と共に自害した後も生き延び、孫皓と孫和の遺児を養育した。

孫皓は即位すると、孫休の未亡人の朱氏を遠ざける一方で、生母の何氏を呼び寄せ皇太后としての待遇を与え、その一族も外戚として優遇した。何氏の弟の一人が何植である。

このため何植は思うままに出世を遂げたという。ある時、孫皓が既に死去し、何氏の子がそれに成り代わっているという噂が流れたため、それを真に受けた孫皓の寵臣である臨海太守の奚煕が挙兵しようとした。備海督の地位にあった何植は奚煕を攻め滅ぼし、一族を殺害した。

279年には牛渚都督から司徒に昇進し、張悌と共に政治の中心人物となった。呉侵攻を開始すると、孫皓からどのように対処すべきかという手紙を送られ、方策を求められた。

小説『三国志演義』では、始めから司徒として登場する。晋が呉侵攻を開始すると、張悌と共に善後策を協議した人物として登場している。